スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きらきら。
2008年01月11日 (金) | 編集 |
今日は背後仕様です。
ラストは予想通りだったー!
Coccoちゃんのきらきらライブツアーへ行ってきました。
本日は武道館2日目でアコースティックナイト!
バンドスタイルでのライブは神戸で聞いたので、
一味違う曲が聞けると思って朝からうきうき。
定時で仕事片付けて九段下まで急いだら、
明けだったはずの友人の方が遅れてきました。
遅れるかと思って吃驚したよー!
会場に入ったらまず目に入ったのがステージ!
何か家みたいに色んな物が置かれてる。
ランプと椅子がたくさん置いてあって、ほんとにお家っていう感じのステージ。
開演と同時に照明が落ちて、ステージ上のランプがきらきら灯ってすごく綺麗。
そしていつもの様に花束を抱えて出て来るメンバー達。
最後に今日は藍色のドレスを着たCoccoちゃんが登場。
ゆったりした藍色ワンピースで水玉模様が可愛い!
頭に付けた赤い髪飾りもすごく素敵でした。
「ようこそ、いらっしゃいませ。燦燦スタジオへ。」
という挨拶から始まりました。
アルバムをレコーディングしてた沖縄のスタジオを再現したステージだったようです。
可愛い、可愛すぎる。
歌う前に履いてた靴下脱ぎ出して、ほんとに家で歌うような寛ぎモード。
最初は燦で始まり、次に強く儚い者達。
アコースティックで聞くのは初めてだけど、すごく良い!
その間にもCoccoちゃんは曲が終わるとテーブルの上のお菓子食べたり、
ほんとにのんびり、でもすごく楽しそうに歌ってました。
藍に深しも歌ってくれて、それが終わった時に、今日の洋服について説明。
知り合いの人の手作りで琉球藍で染められた物だそうです。
しかも水玉模様の部分は一つ一つ手絞り!すごすぎる。
髪飾りも腕のアクセサリーも手作りだったそうで、ほんとに素敵だなと思いました。
その後も自由に楽しそうにたくさんの歌を披露してくれました。
聞く曲全てがアレンジが違っててすごく新鮮。
途中でレコーディング中に書いてた日記とか読んでくれたりも。
長田さんと喧嘩して部屋に生ゴミとかちり紙を投げ入れてたとか、
可愛くて少し笑ってしまいました。
ハレヒレホではスタッフさんと踊ってくれたり、
鈴を鳴らしたり鉄琴弾いたり、笛を吹いたり。
途中のMCでは家族芝居みたいなこともしてくれて、それに乗ってくれるメンバーにも笑いました。
皆がすごく楽しそうで、音楽が好きなんだなっていうのが伝わって、
もうほんとに見てるこっちも楽しくなる感じ!
きらきらの曲はほとんどやってくれたかな。
今回は沖縄民謡も3曲くらいやってくれて、
ああ、ほんとに沖縄好きなんだなって感じさせられました。
そして、聞きたかったRaining!歌ってくれました!!
ステージの前に1人座り込んで、力強く、それでいて優しく唄ってくれました。
もうその時点で感極まって涙腺緩みっぱなし。
その後少しアップテンポな曲が続いて、最後に待ちに待ってたあの曲。
神戸で即興で歌ってくれた新曲!
すごい綺麗に完成してた。
「さあ、生きるために行こう。
 誰も1人も置いて行かないよ。
 さあ、生きるために行こう。
 手を伸ばすのなら、君が望むのなら。」
このフレーズがすごく印象的でした。
最後のメッセージも生きる事を励ますメッセージで、
この歌に込められた想いがすごく伝わってきました。
「答えを見つけたいなら生きる事、続けていく事」
この台詞にじんときました。
ほんとにほんとに素敵な時間をありがとう。
あっという間の3時間弱。
すごく勇気付けられて、頑張ろうって思えるライブでした。
今年もたくさん素敵な歌声が聞けると嬉しいなあ。

以下セトリ
M-1.燦
M-2.強く儚い者たち
M-3.甘い香り
M-4.Baby,after you
M-5.藍に深し
M-6.あしたのこと
M-7.10years
M-8.雨水色
M-9.In the Garden
M-10.Tokyo Happy girl
M-11.タイムボッカーン!
M-12.ハレヒレホ
M-13.Raining
M-14.Sweet Berry Kiss
M-15.沖縄民謡
M-16.お菓子と娘
M-17.沖縄民謡
M-18.小さな町
M-19.野火
M-20.暗黙情事
M-21.沖縄民謡
M-22.ジュゴンの見える丘
M-23.バイバイパンプキンパイ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。